GR-KURUMI用ベースボードの製作(2)

設計を一部変更しました。

変更内容

  1. コイン電池(CR2032)はRTCのバックアップ用として想定(VCC入力)
    • 常にVCCに給電するようにしました。KURUMI側ではVCCの電圧を測定し、3V以下に落ちたあたりでスリープに入るようにすればRTCの時間を保持することが出来るようになります。しかし、このままではXBeeや他の回路にも給電してしまうため使い所が難しいです。なので最近は必要ないかもと思うようになってきました。
  2. 1.5Vの乾電池用の端子を用意(RAW入力)
    • KURUMI上の昇圧回路を利用して電池一本で使えるようにしました。
  3. USB接続の時のみDTRを接続するようにした。
    • トランジスタを追加し、USB接続以外でリセットがかからないようにしました。
  4. その他、細かな修正
回路図
回路図

ガーバーも出来ているのですが、急いでいるわけでもないので、もう少し寝かせてから発注しようと思います。

投稿者:

ないん

30半ば過ぎで突然電子工作にはまりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です