ホームリフローをやってみた(4)

前回からの続きです。
ちょっと間が空いてしまいましたね。

今回はケースの穴あけ加工〜パーツ配置&配線までです。もうちょっとですね。

ケースの穴あけ加工

前回レーザー加工をしたケースに穴あけをします。
丸い穴はドリルで穴を開けてから、リーマーで広げています。四角い穴の方もドリルで穴を開けてからヤスリを使ってひたすら削るという方法で頑張りました。
ま〜大変です。この行程が一番めんどくさくて時間がかかりますね。

ケース加工後

部品の配置

穴あけも終わったので、いよいよパーツを乗せて配線をするという段階です。
が、ここで問題発生!
熱電対温度センサーのコネクタの大きさを考慮していなかったようで、端子台がはみ出てしまう事がわかりました…orz

端子台がはみ出る
完全に設計ミス

安全性を考慮して全てケースの中に収めたかったのですが、まぁしょうがありません。ケースの表記とは違ってしまいますが、DCジャックを左側に持ってきてしのぐことにしました。

リフローキットは3.3VのACアダプタを使ってねという仕様だったのですが、持ってないので手持ちのレギュレータを乗せて5Vの入力にも対応できるようにしました。

最後にSSDを2つ乗せて配線をします。

内部配線

実は手持ちの配線材の都合で、ケース上に配置してあるLEDやスイッチの類は未配線なのですが、とりあえず動作はするので次の段階に進むことにします。

つづきます

投稿者:

ないん

30半ば過ぎで突然電子工作にはまりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です