GR-SAKURA用アクリルケースが完成&組み立て方

こちらで報告していたGR-SAKURA用アクリルケースですが、ようやく完成しました。

データや説明などは以下のサイトにあります。
http://japan.renesasrulz.com/gr_user_forum_japanese/w/wiki/46.gr-sakura.aspx

ここでは、組み立て方について説明します。

続きを読む GR-SAKURA用アクリルケースが完成&組み立て方

Fritzingのパーツを作った時の備忘録

ブログに載せる配置図をイラレで作るのは面倒くさいなぁということで
Arduino 界隈では常識と思われる Fritzing というソフトを使ってみました。

さすがに便利です。

いじっている内に、どうやらパーツを自分で作れる事がわかったので GR-SAKURA のパーツを作ってみました。

 

 

続きを読む Fritzingのパーツを作った時の備忘録

渡航準備

先日のルネサスナイトで発表した回転LEDのやつが、
シンガポールのイベントで展示されることになりました。

ここです。

「Singapore Mini Maker Faire」
http://makerfairesingapore.com/
2012.8.4(Sat) ~ 8.5(Sun)

海外でGR-SAKURAを販売するRSコンポーネンツさんの所でGR-SAKURAの作品例として展示されるものです。

これは嬉しいことなのですが、果たして現地でちゃんと動くのかが非常に不安です。

もともとルネサスナイトの1日だけ動けば良いぐらいの作りでしたし、そもそもその日ですらボタンが反応しない、LEDが点かないなど問題が出ていました。

それでも出来るだけのことはしようと思って修正をしました。

修正点1

ピンヘッダにハンダ付けしているジュンフロン線をグルーガンで固定しました。
軽量化のために単線にしたのですが、無理があったのか結構取れやすかったので強制的に固めました。
これでだいぶ強度が上がりましたが、抜けちゃったら修復は難しそうです。
(今考えたらピンにぐるぐる巻きにしてハンダをしっかりすればすむ問題だったかもしれません)

修正点2

スイッチが反応しなかったのは本体の角度が不安定になっていたからと推測し、がっちり固定しました。
それと LED とフォトトランジスタの角度を合わせ、確実に受光出来るようにしました。
このおかげで今のところ問題は出ていません。

修正点3

それでも別の理由でボタンが効かなくなることを想定し、ボタンを押さなくてもデモがループするようにプログラム側で修正しました。

修正点4

モーターブラシの押さえを輪ゴムで調整するようにしました。

この作品は回転しますので通電方法が肝です。今回は軸に巻いたスズメッキ線にモーターブラシを当てるという方法をとっています。
ここの調整が一番難しくて、当てる力が弱いと通電しないし、強いと回転速度が落ちるというジレンマがあります。

これまではレゴブロック自身のテンションを使っていましたが、ちょくちょく調整してあげないといけなかったので輪ゴムで押さえるようにしました。
やや回転速度が落ちてしまいましたが、動かないよりは良いでしょう。ただ、ブラシの摩耗が激しくなっているっぽいので2日間保つかどうか不安です。

そんな修正をして、簡単なマニュアルも作成して、今朝担当の人に渡しました。
元気に動いてくれると良いのですが。

動画紹介