自作キーボード Helix 用うすうすパームレストを作る

自作キーボード Advent Calendar 2017の24日目に載せるつもりだった記事です。

最近、Helixという自作キーボードキットのGBを行いました。参加頂いた方ありがとうございます!知らなかったという方も、2次募集を考えていますのでよろしくお願いします。

さて、Helixを知らない方に一言で説明すると、ロープロファイルスイッチを使用した「うすうす自作キーボード」です。

スイッチも薄いのですが、コントローラーをキースイッチの横に置いたので全体的に薄くなっています。

一般的なキーボードはキートップが少し高い位置にあるので、長時間のタイピングには手首の負担を軽減するためのパームレストが必要になってきます。

Helixはうすうすキーボードですので基本的にパームレストは無くても大丈夫なのですが、テスターの方のフィードバックでは「パームレストが無いと机が固くて痛くなる」という話が出ていました。

個人差もあるところだと思いますが、作者としては見逃せません。

そこで、うすうすキーボード専用のうすうすパームレストを作ることにしました。

材料

手が触れるところはやはり本革が良いだろうということで、たまたま持っていた端切れを使うことにしました。

Helixと革

本革といってもいろいろありますが、ザラザラし過ぎず、ツルツルし過ぎない物を使いました。

これをそのまま使っても滑ってしまいますので、滑り止めを何にしようか考えましたが、Twitterでネオプレン(クロロプレンゴム)がいいよと教えて頂いたのでホームセンターでクロロプレンゴム製の滑り止めゴムを購入してきました。

製作

ここからはレザークラフトの要領で作っていきます。

レザークラフトの道具
使っていく道具たち

仕上がりはHelixと同サイズにしたかったので、革とゴムシートをやや大きく切り出します。

カットされた革

ゴム糊を使って2つを貼り合わせます。

ゴムのりを革に塗っている
要換気です

仕上がりサイズに4方をカットします。

カットされた革
ゴムがグニャるので切りづらい

ネジ念という道具を使い、縫い合わせる位置をマーキングしていきます。

マーキングされた革

菱目打ちを使い、針を通す穴を開けます。

ヒシ目打ちで穴を開けた革

ロウ引き糸を使って縫い合わせていきます。

糸で革を縫っている

 

ヘリ落としという道具で革の角を落とします。

ヘリを落としている

ヤスリで革のフチ(コバといいます)をならします。

コバをやすりでならす

トコノールというワックス入りの仕上げ材を塗り、スリッカーで磨きます。

革とトコノールとスリッカー

ということで完成しました。

まとめ

自分で言うのもなんですが、想像以上の仕上がりで満足しています。

革とゴムの相性が不安だったのですが、思いのほか馴染んでくれたので良かったです。革の質感とゴムの柔軟性が合わさって、柔らか過ぎず固過ぎず、良い質感になったと思います。

あんまりキーボードとは関係ない話でしたが、最後まで見ていただきありがとうございました。

投稿者:

ないん

30半ば過ぎで突然電子工作にはまりました。

One thought on “自作キーボード Helix 用うすうすパームレストを作る”

  1. パームレスト自作ってあんまり聞いたことなかったのですごくインスピレーション受けました。革の知り合いに相談して作ってみようかと思案中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です